手軽に行なえる少人数結婚式~しあわせウェディング~

Wedding

出産を祝う

体調を考慮しながらも、きちんと準備するには

出産祝い祝いをいただいた方には礼儀として、出産内祝いつまり出産祝いのお礼を準備する必要があります。 お祝いをいただくのは早くて出産後すぐですが、産後は体調の戻りが順調に行かなくて当たり前。 できれば出産前に準備できればスムーズにいくかもしれませんが、そうも行かないですよね。 そこで、自宅にいながら出産内祝いを準備できる方法としては、カタログでの注文や、通販での注文がオススメです。 新生児のころは、2時間に1回の授乳や頻繁のオムツ交換など。休んでいる暇がまったく取れないと思います。 カタログや通販での注文だと、子供が寝ている本の少しの時間で注文することができるので、手間がかかりません。 しかし、産後すぐにカタログを取り寄せて、サイトを見つけてというのはなかなか時間が取れないと思うので、出産前にどういう形での注文にするのかを決めておくとよいでしょう。

全額のお返しは必要ない

出産内祝いの相場が気になるところですよね。 これには、いただいた出産祝いの金額によって変わって来ると思います。 一般的には頂いたお祝いの3分の1から半分が目安です。 しかし、頂いたものの金額はわかりませんよね。なので、大体の金額を想像してその金額の半分程度のものを準備します。 ただ、金額ばかり気にしているとお菓子のものを準備できなくなってしまいます。大切なのは、お返しをしたいという気持ちなのです。 最近はお返しをしない方も増えているようです。 しかしながら、お祝いを頂いたら出産内祝いという形でお返しをするのがベスト。 何を選んだらよいかわからないというときは、無難なものを選ぶとよいでしょう。 金額があまり大きいものだと、経済的にも負担となりますし、相手の方にも余計な気を使わせてしまうこともあるので、相場を理解しつつ相手の方が喜んでくれそうなものを選ぶとよいでしょう。